私たちのまなざしとその記憶 3
七つの物語が始まる。

七人が見たもの、失ったもの、記憶はカメラを通して語る物語。
混沌で始まったこの写真展は、七人のまなざしが重なり合い、
それぞれの個性がシンフォニーを奏でるようにひとつになってきました。

いつもそこにあるものを見つめる写真たち。
それは記憶の中の物語を想い起こしてくれることでしょう。

是非その物語をご覧になってください。

e0273388_0433565.jpg


ドラマチックカメラ さま、marikichi10 さま、グッジョブでございます

祭り囃子が聞こえてきましたぜ、ara_umiさんっ!

[PR]
by we_sora | 2012-06-12 00:00 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nazirane.exblog.jp/tb/18160079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by コバ at 2012-06-12 18:10 x
 お盆の頃を楽しみに待ってます。
こんなに ワクワクする写真展 他に無いです。
Commented by qjo-s-koshi at 2012-06-12 22:21
we_sora 様
お寺様をも振り切って・・・
最終日に駆けつけたいとおもうておりまする。
ara_umi様によしなにお伝えくださいませ。。。
Commented by あわ at 2012-06-13 00:43 x
祭囃子の音が日に日に大きくなっていくのを感じながら
2ヶ月を過ごそうと思っております。

ゑそら様、お師匠さまに「とても楽しみにしていますっ!」と
お伝えくださいませ。
Commented by we_sora at 2012-06-13 08:05
>コバ さま

ワクワクしていただき、ありがとうございます。
ワタクシもワクワクしていますが、ara_umiの出展が間に合うのかという
ことだけが心配です(笑)
Commented by we_sora at 2012-06-13 08:12
>たまら さま

ホント、今年は開催日程があまりよろしくありませんね...
どうぞ、お寺様も一緒にお連れください(笑)
Commented by we_sora at 2012-06-13 08:15
>あわ さま

いつもありがとうございます。
出来上がったDM原稿をみますと、みなさまそれぞれに気合いが入っていますね。
ワタクシもara_umiの尻に特大のお灸でも据えて気合を注入しなくてはなりません(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
百代の過客 >>