百代の過客
ドナルド・キーン先生の『百代の過客 日記に見る日本人』を読み始める。
600ページ以上ある文庫本を読み終える日がいつになるかは未定だけれど、
芭蕉が『奥の細道』を旅の後、5年も出版させなかったのは(人に読まるために)推敲に推敲を重ねたのだ...

と云うことで、ひと月も前のことをやっと書く気になった自分を正当化することは...(笑)

e0273388_23473176.jpg


部分日蝕なんて... と、知らん顔していたけれど、朝起きて周りの空気が違うことに気付いたら急に観たくなって
ガラスにローソクの火で煤を貼付けて、平成のよい子は観てはイケナイ方法で即席観測(笑)
[PR]
by we_sora | 2012-05-21 23:49
<< 私たちのまなざしとその記憶 3 暗黒面 >>